良い部屋の情報

賃貸マンションが合う人

賃貸マンションを選ぶか、購入することを選ぶか? 集合住宅か一戸建てか? どの物件にも「合う人、合わない人」がいます。賃貸マンションで暮らすことを選ぶなら、デメリットを知って絶望するのではなく、デメリットを回避する方法はあるか模索することが、大事となりますね。

 

賃貸マンションのほうが合う人とは、転勤族と言われる人で、一ヶ所に定住することが難しいというケースでは、持ち家を構えるということは、仕事のスタイルが変わるまで控えるほうが良いでしょう。また、転職も増えています。転職した先の状況(年収、物理的な距離など)に合わせて、住み替える必要がある人は、賃貸マンションを選ぶメリットがあります。また「将来にわたって、必ず給料がもらえる」という保証、いわゆる終身雇用制度というのは、既に崩壊しています。かつて、マイホームを構えるときに、銀行から融資を受けるのは「将来にわたって、給与収入はある」という考えにもとづいていました。しかし「将来の安定性」が揺らいでいる社会ですので、賃貸にしておく、というのも一つの方法です。

 

かつては「賃貸マンションを選んでおくと、高齢になってからの転居が難しい」と言われていました。ただ平成13年に「高齢者居住安定確保法」が制定され「高齢者世帯の入居を拒まない」という住宅の情報が広く提供されるようになってきました。そのため「年を取ると、賃貸住宅が借りにくくなる」というかつての常識は、変わりつつあります。

恵比寿エリアで賃貸を探したいという方はけっこう多いと思います。若者だけでなく年配の方にも人気のエリアです。特に東口は高級住宅街が並んでいます。公共の施設も充実していて住みやすい場所です。

賃貸だけじゃない!不動産投資にも使えます

賃貸物件というと、自分で住むためのものというのが多い考え方ですが必ずしもそれだけではありません。どういうことかと言うと例えば不動産を購入してそこを賃貸とすることも可能です。いわゆる大家ですね。こうしておけば、自分が高齢になった時に年金にプラスして生活に困ることがありません。

 

さて、こういった不動産投資用の物件情報は色々を見つけることができますが大手の不動産会社などを通すと安心を得ることもできます。

 

やはり大きな買い物ですので、信用とか安心というのはすごく大切ですよね。ぜひ自分に合った条件をきちんと検討してより良い不動産投資ができるようにされてください。

 

興味を持たれた方には不動産投資 セミナーをおすすめします。

管理人のおすすめ

このコーナーでは管理人の個人的なおすすめの情報をご紹介しています。実は、ちょっと日本の文化についてご紹介してみたいと思っています。テレビでは笑点などでも日本古来の娯楽は馴染み深いものですが、若者の間でにわかにブームになっているのが落語です。ちょっと意外ですね。一度、ドラマで有名タレントが落語家を演じたことも影響があるのかもしれません。 落語のおもしろみというのは、落語家のキャラクターや個性と話すストーリー(演目)によってだいたいのところ決まってしまいます。やはり、ベテランの落語家は演目に深みがあるので人気が高いですね。 そんな中、直接見に行きたいけど寄席に行けない人にはCDやDVDがニーズが高いようです。やはり自分の家で気軽に楽しめるのは便利で嬉しいものです。もちろん実際に寄席で味わえる臨場感はないのかもしれませんが。落語 DVDならワザオギです。価格もリーズナブルなので好きな話をたくさん聞くことができます。

最新の話題